ゆっくりすすむ

2DKの賃貸アパートに家族4人暮らし 3歳と5歳の娘を育てる働く母です。モノは最小限、買わない暮らし

母の言葉は魔法の言葉

こんにちは。
子育てってなかなか難しい…
毎週木曜日が、長女の「幼稚園嫌だ〜」の日です笑
前日の夜から行かないと言いだし、朝も直前まで行かないと服を着替えませんでした。
こんな時、いつもどんな言葉を掛けたらいいのか、どんな対応が合っているのか分かりません。


近所の公園のブランコ

子供がまだ赤ちゃんだったころ、私に対する色んな人の言葉が気になっていました。

子供がママから離れないときに「いつもママといるから飽きちゃうでしょ」と言われた事がありました。
今思えば、抱っこしてもらっている間にごはんやお茶を飲む事が出来たので助かったのですが、当時は心がモヤモヤしました。
抱っこをずっとしていれば、周りから抱き癖がつくやら、抱っこちゃんねーと嫌味とも取れる発言があったり…
今は子供達も意思を多少なりとも伝えられるので、子供の意思を代弁されることもなくなりましたが、周りの言葉は自分にしっくりきたものを受け入れるようにしています。

私の母は、自分の親だけあって、娘をよく理解しているようです。
元々の性格なのか、褒めるのが上手な人です。
ちょっとのことにすごいねって気づいてくれたり、出来ていないのに頑張ったねって言ってくれたり、子供達との関係を褒めてくれたり。
母に会うと心が落ち着きます。話をするだけで、自分を肯定されているように感じます。

昨日、幼稚園に行けて偉かったねと長女に言ったら、嬉しそうにしていました。幼稚園バッグや帽子を、ちゃんとカゴに入れてくれました。(いつもはリビングにバラバラと置きっ放しです(^^;))
出来ないことじゃなくて、出来たことをちゃんと気づいて褒めることをやろう!と今更思うダメ母でした。
(いつも注意ばっかりでした)

ランキングに参加しています。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 団地・アパート暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 兄弟・姉妹へ
にほんブログ村